Sala MASAKA

2024

島田彩乃ピアノリサイタル

<Sala MASAKA共催公演>
島田彩乃ピアノリサイタル

7月7日(日)
15:00開演(14:30開場)

ピアノ:島田彩乃

料金:一般 4,000円   学生 3,000円(要予約・全席自由)
ご予約はこちらから→予約 


島田彩乃 Ayano Shimada(ピアノ)

桐朋女子高等学校音楽科を首席卒業。パリ国立高等音楽院、エコールノルマル音楽院修了、さらに文化庁海外留学制度研修員としてライプツィヒ音楽大学にて研鑽を積む。ジャン・フランセ国際コンクール第1位、シドニー国際コンクール第4位等、国内外数々のコンクールにて優勝、入賞。
これまで、東京フィルハーモニー交響楽団、九州交響楽団、ヨハネスブルグ交響楽団等と共演。アマチュア団体 "アンサンブル・カンターレ" とは、2012年より定期的に協奏曲共演を行っている。
また、室内楽奏者としても精力的に活動、カール=ハインツ・シュッツ(ウィーンフィル首席フルート奏者)、ラモン・オルテガ=ケロ(バイエルン響首席オーボエ奏者)、漆原啓子、金川真弓(以上ヴァイオリン奏者)、ニルス・メンケマイヤー(ヴィオラ奏者)、林 峰男、木越 洋、アラン・ムニエ(以上チェロ奏者)等、国内外のアーティストと多数共演、厚い信頼を得ている。公演の様子がNHK BS「クラシック倶楽部」、NHK FM「ベスト・オブ・クラシック」にてたびたび放送される。ピアニスト5人のユニット "パリ5人組" 、ピアノ五重奏団 "メルセデス・アンサンブル" メンバー。
CD『ドビュッシー/デュティユー/ラヴェル』、『ブラームス:ピアノ作品集』(レコード芸術特選盤)をリリース。
演奏活動と並行して、コンクール審査など後進の指導にも力を注いでいる。現在、桐朋学園大学、洗足学園音楽大学、上野学園高等学校講師。

藤森亮一 横山美里       Duo Concert

<第44回Sala MASAKA主催公演>
ー10周年記念コンサート第4弾ー
藤森亮一  横山美里 Duo Concert

7月28日(日)
15:00開演(14:30開場)

チェロ:藤森 亮一
ピアノ:横山 美里

料金:一般 5,000円   学生 3,000円(要予約・全席自由)
ご予約はこちらから→予約 


■藤森 亮一 Ryoichi FUJIMORI(チェロ)
1963
年京都生まれ。11歳よりチェロを始め、京都市立堀川高等学校音楽科を経て、82年東京音楽大学に特待生で入学。同年第29回文化放送音楽賞を受賞。翌83年第52回日本音楽コンクール・チェロ部門第1 位。86年第21回東京国際音楽コンクール弦楽四重奏部門において齋藤秀雄賞を受賞。90年ミュンヘンに留学、ワルター・ノータスに師事。これまでに故徳永兼一郎、上村昇、河野文昭の各氏に師事。現在NHK交響楽団首席奏者を務めるかたわら、ソロやアンサンブルの領域でも意欲的な演奏を繰り広げ、国内外のアーティスト等と活発に共演。レコーディング活動においては、ソロはもちろん、さまざまなアーティストから絶大な信頼を得ている。また、東邦音楽大学特任教授、国立音楽大学客員教授、東京芸術大 学非常勤講師を務め、後進の指導に当たっている。
公式ホームページ:http://www.vc-fujimori.jp/

 
■横山 美里 Misato YOKOYAMA(ピアノ) 
北海道帯広市出身。作間令子、蓼沼恵美子、渡辺健二の各氏に師事。東京芸術大学音楽学部ピアノ科入学後、英国王立音楽院の奨学生となり渡英。世界的なピアノ教育者故アリア・クルチョ女史、クリストファー・エルトン氏に師事。1996年英国王立音楽院大学院を首席で修了した。97年にデビューCDをリリース。HMV Classical Awards`98新人賞を受賞。各音楽雑誌上でも高く評価される。2000年に帰国。翌年、東京文化会館小ホールに於いて東京デビューリサイタルを開催、セカンドCDをリリースした。今までに英国王立音楽院オーケストラ、「Music in the Mountains」フェスティバルオーケストラ、日本フィルハーモニー交響楽団などと共演。現在、リサイタルのほか、室内楽奏者としても国内外の著名なアーティストと共演し、幅広い活動を続けている。
公式ホームページ:ttp://www.misatoyokoyama.com/



小林海都 ピアノリサイタル

<第45回Sala MASAKA主催公演>
ー10周年記念コンサート第5弾ー
小林海都 ピアノリサイタル

9月22日(日)
15:00開演(14:30開場)

ピアノ:小林海都

料金:一般 4,000円   学生 3,000円(要予約・全席自由)
             ご予約はこちらから→予約


■小林海都 Kaito Kobayashi (ピアノ)

1995年横浜生まれ。
2021
9月にイギリスで行われた第20回リーズ国際ピアノコンクールでの46年ぶりの日本人歴代最高位となる第2位及びセミファイナルでの室内楽の最優秀演奏者に贈られるヤルタ・メニューイン賞の受賞を機に、NHK交響楽団や名古屋フィルハーモニー交響楽団の定期公演に代役出演し、サントリーホールデビューを果たした。
その他ドイツのエトリンゲン国際青少年ピアノコンクールのカテゴリーB(20歳以下の部)にて歴代最年少優勝及びハイドン賞、ポルトガルのサンタ・チェチーリア国際ピアノコンクール第3位、東京音楽コンクール第2位などの受賞歴を持つ。
これまでにNHK交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、京都市交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団、バーゼル交響楽団、ベルギー国立管弦楽団、リエージュ王立フィルハーモニー管弦楽団、グルベンキアン管弦楽団などと共演。
3歳より合唱団に入団し、4歳よりピアノを始める。ヤマハマスタークラス特別コースを修了、上野学園高等学校音楽科演奏家コースを特待生として卒業。高校在学中に日本で行われたマリア・ジョアン・ピリス氏のワークショップにおいて留学を強く勧められ、高校卒業後に渡欧。ベルギーのエリザベート王妃音楽院にてピリス氏に師事。同氏の若手育成プロジェクトの一員として、これまでにイタリア、モロッコ、日本でのコンサートツアーを行った他、ポルトガルのベルガイシュ村での収録にも携わった。
これまでにピアノをマリア・ジョアン・ピリス、湯口美和、故ヴェラ・ゴルノスタエヴァ、横山幸雄、田部京子の各氏に師事。
2016
年よりバーゼル音楽院にてクラウディオ・マルティネス=メーナーのもと研鑽を積む。
2014年・2015年ロームミュージックファンデーション奨学生。
江副記念リクルート財団第45・48回奨学生。

ファゴット・ソロ 名曲選         ~江戸から昭和にかけて~

<第46回Sala MASAKA主催公演>
ー10周年記念コンサート第6弾ー
ファゴット・ソロ 名曲選~江戸から昭和にかけて~

10月20日(日)
15:00開演(14:30開場)

ファゴット:石井  淳
  ピアノ  :鮫島明子

料金:一般 5,000円   学生 3,000円(要予約・全席自由)
ご予約はこちらから→予約
※予約受付開始:2024年7月20日


石井 淳 Atsushi Ishii(ファゴット)
洗足学園音楽大学及び北西ドイツ・デトモルト国立音楽大学卒業。ファゴットを故西川隆、岡崎耕治,ヘルマン・ユンクの各氏に師事。1985年以来度々ソロリサイタルを開催し好評を博す。草津国際音楽フェスティバル,サイトウ・キネン・オーケストラなどに参加し、ミラン・トルコビッチトーマス・インデア・ミューレ、シュテファン・ドールの各氏と室内楽を共演している。コンチェルト、コンチェルタンテも神奈川フィルハーモニー管弦楽団をはじめ活発に共演。20239月まで(公財)神奈川フィルハーモニー管弦楽団に首席奏者としで在籍。現在フリーランスとして室内楽、オーケストラの分野で活動している。
洗足学園音楽大学及び大学院講師。TRIO86メンバー、一般社団法人横浜音楽文化協会会員。


■鮫島明子 Akiko Samejima(ピアノ)
1985年、桐朋学園大学卒業後、渡仏。パリ・エコールノルマル音楽院演奏家資格及びコンサーティスト資格を最優秀で修了後、1989年サン・ノン・ラ・ブルテッシュ国際ピアノコンクール第2位、同時に課題曲最優秀演奏賞受賞。パリを中心にフランスで演奏活動を行い、1989年秋に帰国。草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァルでのアシスタントピアニスト、内外の演奏家との共演、韓国とマレーシアでの室内楽&リサイタル、日本文化人訪中団の一員として中国を訪問するなど幅広く活動。東京と横浜でリサイタルや室内楽など数多くのコンサートを行い、特にテーマ性を持ったリサイタルやトークを織り交ぜながらのコンサートでは音楽の魅力をわかりやすく伝えると共に、作品への深い解釈と繊細で凛とした美しいタッチによる演奏は高い評価を集めている。後進の指導ではオーディションやコンクールの審査、公開レッスンの講師など務めるほか、日頃から幅広い年齢層における個々の身体技法・感覚・思考の繋がりを追求したトータルなレッスンを展開する。そのモットーはむづかしいことをやさしく、やさしいことを深く、深いことを面白く!。ナミレコードからこれまでにモーツァルトとショパンのCD がリリース。各音楽紙で特選盤、推薦盤として絶賛される。ピアノを辛島伃緒子、松岡貞子、ヴラド・ペルルミューテル、フランス・クリダ、ジ ャン・フランソワ・エッセールの各氏に、室内楽を三善晃、山根美代子、セルジュ・ユレル、セルジュ・コローの各氏に師事。

 島田姉妹Presents    Chamber Music Concert

この公演は終了しました
<第40回Sala MASAKA主催公演>
ー10周年記念コンサート第1弾ー
島田姉妹Presents  Chamber Music Concert

1月14日(日)
15:00開演(14:30開場)

ピアノ:島田彩乃
ビオラ:島田 玲
バイオリン:上里はな子
チェロ:江口心一

料金:一般 5,000円   学生 3,000円(要予約・全席自由)
ご予約はこちらから→予約

■島田 彩乃:ピアノ
桐朋女子高等学校音楽科を首席卒業。パリ国立高等音楽院、エコールノルマル音楽院修了。文化庁海外留学制度研修員としてライプツィヒ音楽大学にて研鑽を積む。これまで国内外数々のコンクールにて優勝、入賞。東京フィルハーモニー交響楽団、九州交響楽団、ヨハネスブルグ交響楽団等と共演。CD『ドビュッシー/デュティユー/ラヴェル』『ブラームス:ピアノ作品集』(レコード芸術特選盤)をリリース。室内楽にも精力的に取り組み、国内外アーティストと多数共演、公演の様子がNHK BS「クラシック倶楽部」にてたびたび放送される。欧州の音楽祭に定期的に招かれるなど、海外でも継続して活動を展開。現在、上野学園、洗足学園音楽大学講師。 

■島田 玲:ヴィオラ
東京都出身、岡山県在住。3歳よりヴァイオリンを始める。桐朋女子高等学校音楽科を経て、同大学へ入学と同時にヴィオラに転向。これまでにヴァイオリンを故 鈴木共子、ヴィオラを故 岡田伸夫の各氏に師事。現在は県内外でオーケストラ・室内楽・ソロ活動の他、ミュージカル・スタジオレコーディングなど、ジャンルを問わない演奏活動を行う一方、演奏指導も行なっている。また、広島県福山市を中心に学校・施設等にて本物の芸術を届ける活動を行う ”文化力を繋ぐ会” に所属し、幼稚園・小中学校や美術館など様々な施設での演奏活動を行う。岡山フィルハーモニック管弦楽団ヴィオラ奏者。  

■上里はな子:ヴァイオリン
2歳よりヴァイオリンを始め、史上2人目となる全日本学生音楽コンクール小中学生の部全国1位を成し遂げる。 1997年パガニーニ国際ヴァイオリンコンクール第5位。2001年ヤッシャ・ハイフェッツ国際ヴァイオリンコンクール第2位、現在までの日本人唯一の入賞者である。 8年間ウィーン国立音楽大学で学び、帰国後はリサイタルや室内楽と演奏等で全国を飛び回るかたわら、後進の指導にも力を入れている。これまでにトリオ、デュオを含む8枚のCDをリリース。完璧な技術に裏打ちされたその深く美しい音色は、聴衆を魅了し続け、共演者からも高い信頼を得ている。

 ■江口心一:チェロ
3歳からヴァイオリンを始める。8歳でチェロに転向。 1997年 パリ国立高等音楽院で一等賞(プルミエプリ)を獲得。 20001月より東京都交響楽団団員。現在同交響楽団 副首席。ピアノとのデュオ「The DUO」、弦楽三重奏「菖蒲」、ピアノトリオ「東京トリオ」、「トリオナチュール」、「ローズタウントリオ」、弦楽四重奏「Ambition Quartetto」を結成するなど室内楽にも力を入れ、ソロ活動に関してはソロリサイタル、コンチェルトなどこれまでに数々のコンサートで演奏している。
リリースされたCD:「ヴァイオリンとチェロのための二重奏曲集」「ジャパニーズチルドレンズソング・ヴァイオリン&チェロ」「20世紀の無伴奏チェロ作品」「和」CELLO ~無伴奏作品集~「日本弦楽三重奏曲の世界」「日本弦楽三重奏曲の世界2」2017年7 Dialogue ~涙の理由~ 2019年12月 メンデルスゾーン ピアノ三重奏曲 第1&2番 東京トリオ。

山本裕康 諸田由里子       Duo Concert

この公演は終了しました。
<第41回Sala MASAKA主催公演>
ー10周年記念コンサート第2弾ー
山本裕康  諸田由里子 Duo Concert

3月10日(日)
15:00開演(14:30開場)

チェロ:山本   裕康
ピアノ:諸田  由里子

料金:一般 5,000円   学生 3,000円(要予約・全席自由)
             ご予約はこちらから→予約



■山本 裕康:チェロ
桐朋学園大学卒。井上頼豊、秋津智承、山崎伸子、R. ブレンゴラー、ビュイグ = ロジェ各氏 に師事。在学中 1987 年第 56 回日本音楽コンクール第 1 位入賞。第 1 回日本室内楽コンク ール 第 1 位、など数々の受賞歴を持つ。桐朋学園研究科、キジアーナ音楽院等で研鑽を積む。
1990 年東京都交響楽団首席奏者に就任。1994 年退職後広島交響楽団の客演ソロ奏者、神奈川フィルハーモニー管弦楽団首席奏者を歴任。宮崎国際音楽祭、サイトウ・キネン・オーケストラ、三島せせらぎ音楽祭に毎年参加。晴れた海のオーケストラ、チェンバー・ソロイツ佐世保のメンバー。現在、東京音楽大学教授、京都市交響楽団特別首席奏者、東京藝術大学非常勤講師及びスズキ・メソード特別講師。
みやざきチェロ協会名誉会員。日本チェロ協会理事。

■諸田 由里子:ピアノ
透明な音色と研ぎすまされたバランス感覚が魅力の感性のピアニスト。桐朋学園大学在学中に、第1回日本室内楽コンクール優勝。淡路島国際室内楽コンクール第2位。日本音楽コンクール特別賞受賞。イタリアのキジアーナ音楽院にてディプロマを取得後、ウィーンに留学。
帰国後は国内外のコンクール、音楽祭の公式ピアニストを多数務め、アンサンブルピアニストとして卓越したバランス感覚を持ち共演者からの信頼も厚い。ソロリサイタルではその美しい音色と確かな解釈で毎回質の高い演奏が評判となっている。東京音楽大学非常勤講師。
ナミ・レコードより「諸田由里子ピアノリサイタル」「ドビュッシー:版画 諸田由里子ピアノリサイタルⅡ」をリリース。

田原綾子  實川風              プレイエルピアノで紡ぐ二重奏

この公演は終了しました。
<第42回Sala MASAKA主催公演>
ー10周年記念コンサート第3弾ー
プレイエルピアノで紡ぐ二重奏

4月28日(日)
15:00開演(14:30開場)

ヴィオラ:田原 綾子
ピアノ:實川 風

     料金:一般 5,000円   学生 3,000円(要予約・全席自由)
     ご予約はこちらから→予約(2/28午前9時より予約受付開始)



■田原綾子:ヴィオラ
第11回東京音楽コンクール、第9回ルーマニア国際音楽コンクール優勝。国内外でソロリサイタルが定期的に行われており、ソリストとして読売日響、都響、東響、東京フィル等と共演。室内楽奏者としても国内外の著名なアーティストと多数共演するなど、活躍の幅を広げている。現代音楽にも意欲的に取り組んでおり、新作の委嘱や世界、日本初演も数多い。第23回ホテルオークラ音楽賞受賞。桐朋学園大学を卒業後、パリ・エコールノルマル音楽院、桐朋学園大学大学院、デトモルト音楽大学をそれぞれ首席で修了。藤原浜雄、故岡田伸夫、ブルーノ・パスキエ、ファイト・ヘルテンシュタインの各氏に師事。サントリー芸術財団よりPaolo Antonio Testoreを貸与されている。Music Dialogue Artist、アンサンブルofトウキョウ、エール弦楽四重奏団、ラ・ルーチェ弦楽八重奏団のメンバーとしても活躍中。

■實川 風:ピアノ
2023年、最新CD「實川風 バッハ」をリリースし、バッハを中心としたプログラムでコンサート活動を続けている。また弦楽器奏者との共演も数多く、最近では弦楽アンサンブルのための編曲なども手がけ、活動の幅を広げている。 2015年ロン・ティボー国際コンクール(パリ・フランス)にて第3位・リサイタル賞・現代曲賞を受賞。 2016年カラーリョ国際ピアノコンクールにて第1位・聴衆賞を受賞、イタリア各地でリサイタルを行う。これまでに上海音楽祭、ソウル国際音楽祭、ノアン・ショパンナイト(フランス)・アルソノーレ(オーストリア)などの国際音楽祭に出演。 東京藝術大学を首席で卒業し、同大学大学院(修士課程)修了。オーストリア国立グラーツ芸術大学ポストグラデュエート課程を修了。


鮫島明子 ショパンを巡るコンサートシリーズ 第2回

この公演は終了しました
〈第43回 Sala MASAKA主催公演〉

6月30日(日)15:00開演  満席御礼
“鮫島明子 ショパンを巡るコンサートシリーズ”第2回
1860年製プレイエルとともに“風の足跡”
~ショパンと女性たち~
コンスタンツィア、マリア、サンド、そして…




【出演】
鮫島 明子(ピアノ)

【プログラム】
ショパン:
ワルツ数曲
ノクターン数曲
スケルツォNo.2 Op.31
24の前奏曲Op.28(全曲)


【料金】
一般 4,000円 
※要予約・全自由席

ご予約はこちらから→予約 満席となりました



お問い合わせはこちら

PAGE TOP