Sala MASAKA

2024

山本裕康 諸田由里子       Duo Concert

<第41回Sala MASAKA主催公演>
ー10周年記念コンサート第2弾ー
山本裕康  諸田由里子 Duo Concert

3月10日(日)
15:00開演(14:30開場)

チェロ:山本   裕康
ピアノ:諸田  由里子

料金:一般 5,000円   学生 3,000円(要予約・全席自由)
             ご予約はこちらから→予約



■山本 裕康:チェロ
桐朋学園大学卒。井上頼豊、秋津智承、山崎伸子、R. ブレンゴラー、ビュイグ = ロジェ各氏 に師事。在学中 1987 年第 56 回日本音楽コンクール第 1 位入賞。第 1 回日本室内楽コンク ール 第 1 位、など数々の受賞歴を持つ。桐朋学園研究科、キジアーナ音楽院等で研鑽を積む。
1990 年東京都交響楽団首席奏者に就任。1994 年退職後広島交響楽団の客演ソロ奏者、神奈川フィルハーモニー管弦楽団首席奏者を歴任。宮崎国際音楽祭、サイトウ・キネン・オーケストラ、三島せせらぎ音楽祭に毎年参加。晴れた海のオーケストラ、チェンバー・ソロイツ佐世保のメンバー。現在、東京音楽大学教授、京都市交響楽団特別首席奏者、東京藝術大学非常勤講師及びスズキ・メソード特別講師。
みやざきチェロ協会名誉会員。日本チェロ協会理事。

■諸田 由里子:ピアノ
透明な音色と研ぎすまされたバランス感覚が魅力の感性のピアニスト。桐朋学園大学在学中に、第1回日本室内楽コンクール優勝。淡路島国際室内楽コンクール第2位。日本音楽コンクール特別賞受賞。イタリアのキジアーナ音楽院にてディプロマを取得後、ウィーンに留学。
帰国後は国内外のコンクール、音楽祭の公式ピアニストを多数務め、アンサンブルピアニストとして卓越したバランス感覚を持ち共演者からの信頼も厚い。ソロリサイタルではその美しい音色と確かな解釈で毎回質の高い演奏が評判となっている。東京音楽大学非常勤講師。
ナミ・レコードより「諸田由里子ピアノリサイタル」「ドビュッシー:版画 諸田由里子ピアノリサイタルⅡ」をリリース。

實川風 田原綾子             プレイエルピアノで紡ぐ二重奏

<第42回Sala MASAKA主催公演>
ー10周年記念コンサート第3弾ー
プレイエルピアノで紡ぐ二重奏

4月28日(日)
15:00開演(14:30開場)

ピアノ:實川 風
ヴィオラ:田原 綾子

     料金:一般 5,000円   学生 3,000円(要予約・全席自由)
          ご予約はこちらから→予約(2/28午前9時より予約受付開始)



■實川 風:ピアノ
2023年、最新CD「實川風 バッハ」をリリースし、バッハを中心としたプログラムでコンサート活動を続けている。また弦楽器奏者との共演も数多く、最近では弦楽アンサンブルのための編曲なども手がけ、活動の幅を広げている。 2015年ロン・ティボー国際コンクール(パリ・フランス)にて第3位・リサイタル賞・現代曲賞を受賞。 2016年カラーリョ国際ピアノコンクールにて第1位・聴衆賞を受賞、イタリア各地でリサイタルを行う。これまでに上海音楽祭、ソウル国際音楽祭、ノアン・ショパンナイト(フランス)・アルソノーレ(オーストリア)などの国際音楽祭に出演。 東京藝術大学を首席で卒業し、同大学大学院(修士課程)修了。オーストリア国立グラーツ芸術大学ポストグラデュエート課程を修了。

■田原綾子:ヴィオラ
第11回東京音楽コンクール、第9回ルーマニア国際音楽コンクール優勝。国内外でソロリサイタルが定期的に行われており、ソリストとして読売日響、都響、東響、東京フィル等と共演。室内楽奏者としても国内外の著名なアーティストと多数共演するなど、活躍の幅を広げている。現代音楽にも意欲的に取り組んでおり、新作の委嘱や世界、日本初演も数多い。第23回ホテルオークラ音楽賞受賞。桐朋学園大学を卒業後、パリ・エコールノルマル音楽院、桐朋学園大学大学院、デトモルト音楽大学をそれぞれ首席で修了。藤原浜雄、故岡田伸夫、ブルーノ・パスキエ、ファイト・ヘルテンシュタインの各氏に師事。サントリー芸術財団よりPaolo Antonio Testoreを貸与されている。Music Dialogue Artist、アンサンブルofトウキョウ、エール弦楽四重奏団、ラ・ルーチェ弦楽八重奏団のメンバーとしても活躍中。

 島田姉妹Presents    Chamber Music Concert

この公演は終了しました
<第40回Sala MASAKA主催公演>
ー10周年記念コンサート第1弾ー
島田姉妹Presents  Chamber Music Concert

1月14日(日)
15:00開演(14:30開場)

ピアノ:島田彩乃
ビオラ:島田 玲
バイオリン:上里はな子
チェロ:江口心一

料金:一般 5,000円   学生 3,000円(要予約・全席自由)
ご予約はこちらから→予約

■島田 彩乃:ピアノ
桐朋女子高等学校音楽科を首席卒業。パリ国立高等音楽院、エコールノルマル音楽院修了。文化庁海外留学制度研修員としてライプツィヒ音楽大学にて研鑽を積む。これまで国内外数々のコンクールにて優勝、入賞。東京フィルハーモニー交響楽団、九州交響楽団、ヨハネスブルグ交響楽団等と共演。CD『ドビュッシー/デュティユー/ラヴェル』『ブラームス:ピアノ作品集』(レコード芸術特選盤)をリリース。室内楽にも精力的に取り組み、国内外アーティストと多数共演、公演の様子がNHK BS「クラシック倶楽部」にてたびたび放送される。欧州の音楽祭に定期的に招かれるなど、海外でも継続して活動を展開。現在、上野学園、洗足学園音楽大学講師。 

■島田 玲:ヴィオラ
東京都出身、岡山県在住。3歳よりヴァイオリンを始める。桐朋女子高等学校音楽科を経て、同大学へ入学と同時にヴィオラに転向。これまでにヴァイオリンを故 鈴木共子、ヴィオラを故 岡田伸夫の各氏に師事。現在は県内外でオーケストラ・室内楽・ソロ活動の他、ミュージカル・スタジオレコーディングなど、ジャンルを問わない演奏活動を行う一方、演奏指導も行なっている。また、広島県福山市を中心に学校・施設等にて本物の芸術を届ける活動を行う ”文化力を繋ぐ会” に所属し、幼稚園・小中学校や美術館など様々な施設での演奏活動を行う。岡山フィルハーモニック管弦楽団ヴィオラ奏者。  

■上里はな子:ヴァイオリン
2歳よりヴァイオリンを始め、史上2人目となる全日本学生音楽コンクール小中学生の部全国1位を成し遂げる。 1997年パガニーニ国際ヴァイオリンコンクール第5位。2001年ヤッシャ・ハイフェッツ国際ヴァイオリンコンクール第2位、現在までの日本人唯一の入賞者である。 8年間ウィーン国立音楽大学で学び、帰国後はリサイタルや室内楽と演奏等で全国を飛び回るかたわら、後進の指導にも力を入れている。これまでにトリオ、デュオを含む8枚のCDをリリース。完璧な技術に裏打ちされたその深く美しい音色は、聴衆を魅了し続け、共演者からも高い信頼を得ている。

 ■江口心一:チェロ
3歳からヴァイオリンを始める。8歳でチェロに転向。 1997年 パリ国立高等音楽院で一等賞(プルミエプリ)を獲得。 20001月より東京都交響楽団団員。現在同交響楽団 副首席。ピアノとのデュオ「The DUO」、弦楽三重奏「菖蒲」、ピアノトリオ「東京トリオ」、「トリオナチュール」、「ローズタウントリオ」、弦楽四重奏「Ambition Quartetto」を結成するなど室内楽にも力を入れ、ソロ活動に関してはソロリサイタル、コンチェルトなどこれまでに数々のコンサートで演奏している。
リリースされたCD:「ヴァイオリンとチェロのための二重奏曲集」「ジャパニーズチルドレンズソング・ヴァイオリン&チェロ」「20世紀の無伴奏チェロ作品」「和」CELLO ~無伴奏作品集~「日本弦楽三重奏曲の世界」「日本弦楽三重奏曲の世界2」2017年7 Dialogue ~涙の理由~ 2019年12月 メンデルスゾーン ピアノ三重奏曲 第1&2番 東京トリオ。

お問い合わせはこちら

PAGE TOP